1. HOME
  2. ブログ
  3. 【チェキの仕事事例】会社紹介ブックを作る② インタビュー編

【チェキの仕事事例】会社紹介ブックを作る② インタビュー編

こんにちは、ライターのkaoriです。

先日、チェキを使ったお仕事の事例紹介として「チェキを使った会社紹介ブック」について記事を書かせていただきました。今回は「インタビュー編」として、インタビューのポイントについてご紹介したいと思います。

大阪で通信キャリアでの販売業務等を行う会社「ベストキャリア」様の会社紹介ブックをチェキを使って作らせて頂いた際に、4名の社員やスタッフの方にインタビューを行いました。

Zoomを使ったオンラインでのインタビュー

ベストキャリア様は大阪の会社のため、今回パンフレットを作るために一度もお会いすることなく、全てオンラインでのやり取りで作成〜納品までを行いました

インタビューについても一人一人のインタビューをZoomで行い、仕事内容や会社の魅力、普段何を大切にして仕事をしているのか、また会社に入られてからのご自身の変化などについてお話を伺いました

※写真はイメージです。

直接合わずにオンラインでのインタビューでも、予めお伺いする項目を事前に記入いただくことで、必要事項のみ深く掘り下げてお聞きすることができました。こうしたやり方は、お互いに限られた時間の中でも話を深めることができるため、今後のインタビューのお仕事でも有効な方法だと感じました。

インタビューの際に気をつけたポイント

インタビューの際には、以下のことを意識して行いました。

  1. ご本人は当たり前のことでも、読み手(今回でいうとベストキャリアの仕事を全く知らない採用応募者向け)にもわかるよう、インタビュアーとして「会社のことを全く知らない人」の視点でヒアリングする
  2. 会社の制度や他の会社にはない魅力や仕組みなど、読み手が知りたいであろうポイントについて、社員の方からできるだけたくさんの具体的なエピソードを引き出すこと。
  3. 社員の方が会社に入ってからの行動や考え方の変化ついて、「なぜそのように(良い)変化に繋がったのか」という要因をできるだけ細かく話を伺う。(良い変化が起きたきっかけや環境を会社が提供できていることがインタビューから伝わるようにすることで、応募者にとってメリットが分かりやすくなる)

インタビューを通じて見えてきた「ベストキャリア」という会社の魅力 ベスト3

インタビューをさせていただきお話を伺う中で見えてきた「ベストキャリア」という会社の魅力について、勝手にランキング形式でご紹介させて頂きます。

【第3位】社員と個人事業主 という雇用形態が選べる

「個人事業主」制度という新しい働き方を取り入れている会社としてタニタが有名ですが、「社員」ではなく「個人事業主」として契約できる会社というのはまだまだ少ないと思います。ベストキャリアは、個人事業主という形態で働くことができる会社なのだそうです。

【第2位】会社に所属しながら「自分のやりたいこと」にチャレンジできる

プレゼンの場で自分の「やりたいこと」を発表できる場があり、そこでのプレゼンに通れば、「人」「モノ」「資金」をサポートしてくれるという仕組みがあるそうです。社員の方がやってみたいことを、会社が積極的に応援してくれるというのはなかなか無いと思います。

【第1位】社長・社員の方の仲がいい!

この写真から分かる通り、社員の方同志で一緒に出掛けたりもすることがあるそうで、社長や社員の方同志がとても仲が良いことが伝わってきます。このチェキに映るスマイルが何よりの証拠ですね!

会社の魅力が伝わる「会社紹介ブック」をチェキで作る

今回の制作のポイントとしては、チェキを使った会社紹介ブックを作ることを通じて、社員の方のインタビューの内容など会社の魅力を伝える広報素材としてのコンテンツを、新しく作ることを目指しました。

また、インタビューにさらにチェキを組み込むことで、他の会社紹介とは一味違ったインパクトを残す『チェキを使った会社紹介ブック』として、会社の魅力が伝えやすくするための広報ツールとして、今後機能していけばと考えています。

投稿者プロフィール

Kaori
Kaoriライター、グラフィックデザイナー
チェキグラファーとして、チェキを活用し、生活がより豊かに、楽しくなるアイディアについて記事を執筆中!
グラフィックデザインの経験を活かしたチェキフレームデザインなども、作成中。趣味は登山、旅行。
特技はイラストやデザイン制作、コンテンツ企画提案、本の要約など。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事