1. HOME
  2. ブログ
  3. 私のチェキの飾り方~モビール風チェキ×フライングリース~

私のチェキの飾り方~モビール風チェキ×フライングリース~

吊るすことで叶う360℃の世界

チェキを飾る上で、「チェキフィルムに躍動感をつけたいなあ」と思っていました。そこでモビール風に吊るす事で、少しの風などでもゆらゆらと動きがでて360℃魅せられるものになるのではないか?と考えました。

掛け合わせる事で高まる存在感

そして、モビール風に吊るすだけでは何か物足りないと思い、ふんわりと宙に浮かぶフライングリースと合わせるイメージのデザインが浮かびました。

部屋中のインテリアの中でも独特の存在感を放ち、何よりも見上げてみたらとってもかわいいのが印象的で、一番お気に入りで好きな視点です。

【作り方】

用意したものリスト

  1. リース
  2. 麻紐
  3. リースに飾る緑や花(今回は造花)
  4. クリップ
  5. チェキフィルム

制作手順とポイント

  1. リースを宙に浮かせる為に3〜4ヶ所を麻紐で結び、宙釣りにして水平を保ち結ぶ。その時に後から自由な高さで吊るせるように長めにしておく。
  2. 長さがちぐはぐな麻紐を4本切りクリップを結び、反対側をリースに結ぶ(数はリースの大きさによって増やしてもいいと思います)。
  3. リースに造花を自由に巻き付けてデザインし固定していく。側面と下から見上げた時に見える所をポイントとしてデザインする。
  4. クリップに飾りたいチェキフィルムを両面から見れるように2枚ずつはさむ。
  5. 好きな高さに吊るす。

難しい空間のデザインを華やかに彩る

天井近い空間はインテリアを飾る上でも難しく、どうしても寂しく感じる空間でした。

そこに、このモビール風チェキとフライングリースを組み合わせた事で、一気に華やかでオシャレな空間に彩ることが叶いました。

色んな角度から様々な表情を魅せてくれる

また、その時々の見る角度や目線によって違う表情を魅せてくれます。

眺めていると、ゆらゆらふわふわと漂い、とても心地よい一つの作品に仕上がりました。

投稿者プロフィール

tanamiii.
tanamiii.ケアマネージャー、キャリア開発、チェキグラファー
チェキグラファーとして誰かの笑顔のきっかけになるような活動をしていきたいです。
ケアマネージャーとしては、人生における最終章をその方らしく生ききる事が出来るように、どんな状況下でも寄り添い支える事を大切にしています。
障がい、高齢、人種、それぞれが抱えるハンデに何かを諦めずにすむ世の中にしていく為に、出来る事をやっていきたいです。
チェキを使ってライフワークとプライベートをより豊かなものに出来る事をシェアしていきたいです。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事